システム構築の例 その1

今日仕事中に医事課から相談がありました。 診療報酬に「糖尿病透析予防指導管理料」というものがあるのですが、この管理料を算定するためには定期的に血液検査の結果や血圧を記録して実績を報告する必要があります。そこで患者毎にデータを集計する必要があり、Accessで管理出来ないかというものです。比較的簡単なシステムだと思うので、どの病院の医事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療と情報処理 その5

医療機関には近隣機関のリストがあると思います。 どこかの部署で一元的に更新されている場合は良いのですが、それぞれの部署が管理していると情報が古くなっていきますし、情報が重複して大きな無駄が生じます。職員の一覧なども同様です。 同じネットワーク内でしようする情報は一元的に管理して共有するのが原則です。この共有情報をマスタと呼びます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療と情報処理 その4

医療費の未収金を一覧リストで管理している場合、見づらい上に上下の行に誤って情報を入力する危険性があります。 一方Accessでは患者IDを基に患者固有の画面を開きデータを更新するため間違いが発生しません。勿論確認は必要ですが・・・ 1週間経過した。いつ電話をかけた。督促状を送付した。等の記録を一画面に入力すれば回収困難と思われる人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療と情報処理 その3

いくつかの例を挙げてみます。 職員が出張や研修会に参加する場合、申請書が発生し認可されたら参加して、結果を報告したら費用が支給されて終わりになります。この際に職員の出張や研修を管理する立場の人が申請書の内容をAccessに入力しておけば、そんな種類の研修を受けたか、費用はいくら掛かった管理出来ます。 偏った内容ばかりになっていないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療と情報処理 その2

FAX送信票は送信が終わったら捨ててしまうかファイリングすると思いますが、Accessで作成すると過去に送った履歴や内容、送信先が記録に残るので後で参照することが出来ます。同じ様な内容であればコピペ出来ます。 用件は覚えているけど、誰に送ったか覚えていない時など、断片的な記憶から必要な情報を掘り起こすことが出来ます。FAXを送る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療と情報処理 その1

医療と情報処理 その1  それぞれの職種で、いろいろな情報処理が可能だと思いますので応用して自分の仕事に使えるシステムを組んでもらえると良いと思います。 一度手順を覚えてしまえば他の処理も同様に出来る様になりますのでより理解が深まると思います。 少しずつ理解が深まるにしたがって、処理の方法が分からないことがあるかもしれませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日

楽しかった魚釣り。今回の大物は1.8Kgのアオリイカです。 他に真鯛、イサキ、クロ、アカハタ、カサゴなどが釣れておおいに楽しめました。次回は秋に行く予定です。 昨日は幼稚園の参観日でした。パパへのプレゼントを貰い涙をこらえるのが大変でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末は魚釣り

今週末に、九州地方のとある島へ魚釣りに行く予定です。 天気が心配なところですが、無事に竿を出せれば多くの魚が釣れる無人島です。 夜になると真っ暗闇の中、流れていく電気ウキがスパッと海中に沈み、釣れるのは40cmを超える真鯛やイサキ、グレなどです。 夜は主にカゴ釣り、昼間はルアーやワームで根魚、エギングと一日中釣りに没頭します。釣れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メニュー画面を作る その3

次にデータを表示するためのレポートを開くボタンを作ります。 種類は「レポートの操作」を選択しボタンの動作は「レポートのプレビュー」を選択します。 次にプレビューで表示するレポート名を選択します。 レポートの数だけボタンを作成します。 更に、業務が終了する際に画面が閉じられるよう終了ボタンも作成します。 「アプリケーション」→「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メニュー画面を作る その2

まずは、メニュー画面にタイトルを付けます。 何のシステムかが分かる様に一番上に見やすいタイトルを付けます。更に作成者の名前や作成日を付けても良いですね。 その後でメニューに設置するボタンを作っていきます。 上部のメニューにフォームデザインツールが表示されているので、デザイン→ボタン(左から4番目)を選択します。 するとア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メニュー画面を作る その1

入力用のフォームやレポートを効率的に表示するための手段としてメニュー画面を作ります。 メニュー画面はフォームで作成しますが、メニューが出来ることによってシステムが格段に使いやすくなります。 まずはフォームデザインを選択します。四角い画面が表示されました。これがメニュー画面のベースになるので、背景色を変えたり好きな画像を埋め込んでみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レポート その4

今度は備考欄に注意事項がある人を抽出します。 チェックボックスにチェックされている人を表示します。 専用のクエリを作成するためにクエリウィザードでクエリを作成します。このように特定の条件を持つレポートを作成する場合は、専用のクエリを作った方が楽です。レポートに計算式を多用すると複雑化し、思わぬミスが発生することがあります。 「Q_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レポート その3

今度はモダリティ毎のレポートを作ってみましょう。 同じ工程を繰り返せば良いのですが、少し便利な方法があるので試してみましょう。 まず、「R_検査台帳_日付順」を選択し、左クリックでコピーします。同じくレポートのエリアで貼り付けを選択します。 レポート名を確認されるので「R_検査台帳_モダリティ」として保存します。 これで名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レポート その2

レポートに###と表示されている所は、枠が小さすぎて表示しきれていない状態です。 まずはレポートをデザインビューで開きます。各テキストボックスやラベルの大きさや幅は自由に変更出来るので、バランス良く表示されるように移動したり大きさを変更したりして、体裁を整えてください。 すべてのデータが表示されれば、ひとまずOKです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

システムを組むこととは

  最近まとめサイトなどでよく見かける記事ですが、社内でシステム開発に取り組んでいたSEが退職してシステム更新の必要が発生し、システム会社に見積もりを頼んだところ15億円を提示されたという話があります。 ネットの記事なので真偽は不明ですが、面白い話ではあります。「SE 15億」で検索すると読めると思います。 病院におけるシステム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レポート その1

レポートはテーブルやクエリを基に帳票を作成します。これまで蓄積したデータの集大成を出力する訳ですが、ただ情報を羅列して、その中から人間が必要なものを拾うのであれば殆ど意味は無いですし、またミスを起こす原因になります。 やはりレポートは見やすいことが大切なので充分時間を掛けましょう。どの様な情報を表示したいかを予めイメージしておく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クエリ その5

テーブル、クエリ、フォームで作業する場合は上部にタブが複数表示されていきます。すべてが同時に更新されていく訳ではないので、作業が終わったらその都度閉じる様にしてください。経験上思わぬエラーの原因になることがあります。 テーブル「T_検査台帳」をデザインビューで開きます 「備考欄」のフィールドを挿入します。データ型はテキスト型で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クエリ その4

備考は普通どんな情報を入力しても良いと思いますが、「MRIに最中に狭い所が怖くなって検査が中断した」「CTの造影剤でアレルギー反応が出て気分不良となった」「DRの指示が通りにくく検査時間が20分延長した」など入力するとします。 MRI、CT造影については禁忌事項であり、備考欄のコメントだけでは今後に反映されません。そこで「注意事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クエリ その3

 さてクエリで取り出したデータを整理していきましょう。今度はクエリをデザインビューで開きます。先程とは違う形でフィールドが表示されていて、上部には各テーブルのリレーションシップが表示されています。この画面を見ると関連付けとフィールードの在り方が分かりやすいと思います。   表示する必要の無いフィールドは枠上部の四角い部分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more