入力したデータを利用する その4

各フィールドの設定が完了しました。

次にコンボボックスで利用するマスタを作成します。

コンボボックスを利用するのは利便性もありますが、正確なデータしか入力できなくするためです。

メインテーブルを作成してマスタと関連付けするという構図を覚えてしまえばAccessは使いこなせるようになります。←これ大事

Accessでシステムを構築する際の最も基本的な仕組みになりますが、ここを習得すれば確実に初心者レベルを超えられます。

なので、今回のところは頑張って理解するように時間をとって実践してみてください。

最初に作成するマスタは「医療機関名」です。

通常は医療機関に医師が1名ですが、当然複数の医師がいる場合もあります。

が、今回は1医療機関に医師1名で話を進めます。

マスタはできれば自分の病院を想定して作成してみてください。

その方が理解しやすいと思います。

「医療機関マスタ」では

医療機関ID

医療機関名

ふりがな

医師名

以上のフィールドを作成します。

178.JPG

医療機関IDは「オートナンバー型」で「主キー」を設定します。
何故「主キー」を設定する必要があるかは解説Webで確認してみてください。Accessにおいて基本で重要な話なので是非読んで理解してください。

医療機関名、ふりがな、医師名は短いテキストを設定します。

同様に

担当医、診療科

入院病棟

のマスタも作成していきます。

ここまでのサンプルを置いておきますが、可能なら自分の病院の情報でマスタ作成してみてください。

次回よりテーブルを連携して入力フォームを作成していきます。

   

入力フォーム2.accdb


【参考書を1冊持ちましょう】
ある程度Accessを使っている方には簡単過ぎるかもしれませんが、広く浅く解説してある書籍を手元に置いておくと便利です。
Webで何でも調べられる時代ではありますが、自分のデスクに本があればすぐその場で調べることが可能です。

 お買い物の際にはご利用いただくと記事を書く励みになります。よろしくお願いします。



【高気圧でいい感じ】

毎年、春と秋に夢の島に魚釣りに遠征するのですが、昨今の情勢を鑑みて自粛していました。
ならばと先々週、魚で有名な近県に泊りがけで釣行したものの北風が強く、まったくのボウズで帰りに市場で魚を買って帰るという惨事でした。

明日は久しぶりに船釣りに出るのですが、天気が良さそうで楽しみです。
私は近場の小物狙いですが、職場の医師が大物狙いにいくことが決まり沢山釣れたら分けて貰う約束をしました。







Accessに関する書籍などはコチラからどうぞ。ご利用いただくと記事を書く励みになりますのでよろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント