入力の効率化を考える その2

次にテーブルを基に同じ構成で「Q_市町村マスタ」を作成します。

フォーム上にコンボボックスを作成し、コントロールソースを「Q_市町村マスタ」にします。

これも思った通りに表示されると思います。

314.JPG

都道府県はすぐに選択できますが、市町村は膨大な数なので選択するのはかなり手間がかかります。

都道府県で「東京都」を選択したら市町村はそれに従う必要があります。

そこで「Q_市町村マスタ」の抽出条件が「都道府県名」=”東京”になるように式を作成します。

具体的には上段のコンボボックスの内容を指定します。

コンボボックスには2桁の都道府県番号が入っているので(表示は都道府県名)

Q_市町村マスタにも2桁の都道府県番号を持たせて抽出条件し指定します。

316.JPG

Accessのフォーム上の情報はリアルタイムには更新されないので、都道府県のコンボボックスが更新された場合には「Q_市町村マスタ」が更新される必要があります。

コンボボックスのイベント→更新後処理→「Me.Refresh」を追加してデータが更新されるようにします。

少しややこしくなってしまいましたが、要は「フォーム上のデータをクエリの抽出条件に指定する」という話です。

入力しやすいシステムを作成する場合に役に立つテクニックなので研究してみてください。(参照Web

今回作成したサンプル

コンボボックス2.accdb


Accessに関する書籍などはコチラからどうぞ。それ以外でもこのリンクをご利用いただくと記事を書く励みになりますのでよろしくお願いします。



平日の休みを取って職場の仲間と「夜焚きイカ釣り」にいってきました。
初めてのイカ釣り船だったのですが、暗くなり始めて灯りが点くころには良い型のイカが入れ食い状態に!!

灯りに集まった小魚を捕食しに集まる中型魚などもいて水面はずっとバシャバシャしていました。

真っ暗な海のあちこちにイカ釣り船の灯りが幻想的で、楽しい時間が過ごせました。

319.JPG















Accessに関する書籍などはコチラからどうぞ。ご利用いただくと記事を書く励みになりますのでよろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント