入力の効率化を考える その2

次にテーブルを基に同じ構成で「Q_市町村マスタ」を作成します。 フォーム上にコンボボックスを作成し、コントロールソースを「Q_市町村マスタ」にします。 これも思った通りに表示されると思います。 都道府県はすぐに選択できますが、市町村は膨大な数なので選択するのはかなり手間がかかります。 都道府県で「東京都」…
コメント:0

続きを読むread more

入力の効率化を考える その1

※前回の未収金管理の最終版のファイルが64bit版だったため、実行できないとのご意見をいただきました。 Accdeファイルで提供しましたが、実行できないのは本意ではありませんので、今回通常のAccdbファイルを置いておきますのでご参照ください。(システム内に作者からのお願いを書いているので、読んでいただけると幸いです。) さ…
コメント:0

続きを読むread more

未収金管理システム その6

今日は午前中何とか天気が持ちそうなので海遊びに出掛けようと思います。密を避けつつ… 一覧形式のフォームを作成し体裁を整えます。 最初に表示される画面は一覧形式ですが、この画面からはデータ操作を禁止しておきます。 意図しない状態でのデータ書き換えを防ぐため、個別画面でのみ入金処理ができるようにしておく…
コメント:3

続きを読むread more

未収金管理システム その5

せっかくの連休ですが、雨ばかりで残念です。 さて、今回は請求書の様式を完成させます。 送付できるように体裁を整えます。 普通の請求書ですが、悪質な場合には訪問回収や訴訟に発展する文面も必要なので、何種類か準備しておく方が良いでしょう。 ここでは作成しませんが、興味があれば参照してみてください。…
コメント:0

続きを読むread more

未収金管理システム その4

入金情報を入力するサブフォームを設置します。 これで未収金情報が管理できる状態になりました。 続いて請求書に印刷様式を作成します。 窓付き封筒を使用することを想定して、左上の部分に住所、氏名を配置します。 ラベルコントロールを配置して文書を作成します。 ラベル内で開業する場合、「Shiftキー」か「Ctrl…
コメント:0

続きを読むread more

未収金管理システム その3

フォームの体裁を整えていきます。 サブフォームを設置する際に項目が多い場合は画面下側に広く設定します。 時系列に多く情報を表示したい場合は画面右側に縦に長く設定します。 サブフォームを使用すると、時系列で発生する情報の管理が容易になります。 例えば 備品の貸し出し、返却の記録 備品の修…
コメント:3

続きを読むread more

未収金管理システム その2

次に催促のために連絡した内容を記録するフィールドです。 記録ID 連絡日 連絡時間 連絡手段 連絡内容 結果 これらは日々変動する内容なので、別のテーブルで管理します。 次に入金情報です。 入金ID 入金日 入金額 一部入金の場合があるので、これも別テーブルで入…
コメント:2

続きを読むread more

未収金管理システム その1

医療事務での課題となる窓口未収金のシステムを作ってみます。 私は現場を離れたのですが、現在でも医事課で当時作成したシステムが運用できています。 無銭飲食は捕まるのに、医療機関では手持ちがありません…が許されてしまうので未収金が発生してしまうのですが、対策として正確に未収金情報を管理することが必須になってきます。 原…
コメント:0

続きを読むread more

電子マスタを利用する。医薬品編5

一覧形式が完成したので、詳細画面を作成します。 フォームウィザードを使用して「M_医薬品」の帳票フォームを作成します。 見た目がイマイチなので、コントロールサイズやフォントを整えます。 デザインモードで一覧形式を開き、右側のスペースにコマンドボタンを設置します。 ウィザードはキャンセルします。 …
コメント:0

続きを読むread more

電子マスタを利用する。医薬品編4

⑥一覧形式のフォームに抽出条件用のテキストボックスを作成する。 作成した一覧形式のフォームに検索条件を入力するコントロールを作成します。 上部のヘッダー部分にテキストボックスを設置します。 ローマ字入力のカタカナにしたいので、プロパティからIMEの設定をおこないます。 テキストボックスではIMEの入力モードを指定…
コメント:0

続きを読むread more

電子マスタを利用する。医薬品編3

インポートしたデータのフィールド名(行見出し)を変更していきます。 フィールド名が更新され分かりやすくなりました。 不要なフィールドもありますが、電子データが更新された場合の互換性を保つためにこのまま使用します。 「予備」フィールドが二つあり同じフィールド名は使えないので、「予備1」「予備2」としま…
コメント:0

続きを読むread more

電子マスタを利用する。医薬品編2

医薬品マスタのファイル情報は、Accessのテーブルデザイン画面と同じような構成になっているのがわかると思います。 フィールド名は行見出し(一番上に横に並んだ部分)であり データ型は入力可能なデータの種類(数字型に文字列は入力できない) フィールドサイズは入力できるサイズの上限(上限を超えて入力はできない) とい…
コメント:0

続きを読むread more

電子マスタを利用する。医薬品編

厚労省や社会保険支払基金のサイトでは、電子カルテ用の各種電子マスタを公開しています。 電子マスタはPCで利用することを前提にデザインされているため、Accessで作業するのに最適です。 診療、医療器材、医薬品などに分類されているのでAccessに取り込んでみましょう。 私は医薬品情報にかかわる仕事はしていませんが、以前…
コメント:0

続きを読むread more