テーマ:Access VBA

記録作成にAccessを利用してみる その9(最終)

入力画面を開く場合は、最新(最後)のレコードが自動的に開かれるほうが便利なので、フォームを開いたら新しいレコードに移動する処理を検討します。 イベントのタイミングとしては、フォームを読み込む時 Private Sub Form_Load() DoCmd.GoToRecord , , acNewRec End Su…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録作成にAccessを利用してみる その8

今度は議事録の印刷に移ります。 今回もタイミングを考えてみますが、印刷するのは色々なタイミングがあるのでボタンを設置して必要なときに実行出来るようにします。 最初に「Closeボタン」を作った時と同様にフォームデザインでボタンを作成してください。 Private Sub コマンド25_Click() DoCmd.Open…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録作成にAccessを利用してみる その7

それでは具体的コードを書いていきましょう。 実際に貴方の病院で使用している委員会名簿があれば是非そちらを使用してください。 Private Sub 会議名称_AfterUpdate()   If 会議名称 = “運営委員会” Then …① Me!参加者 = “田中、山田、鈴木” …② End If …③…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録作成にAccessを利用してみる その6

それではフォームデザイン画面でボタンの位置や色を調整してください。 「フォームデザインツール」→「書式」でボタンの形、色、スタイルを変更することができます。 さて、会議の参加者というのは基本的に決まっており、いちいち参加者の名前を書くのは面倒ですから全員名前を記載しておき○をつけるのが賢明です。 A会議の場合は○○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録作成にAccessを利用してみる その5

少し長くなりますが大事な部分なので良く理解してから進んでください。 前回作ったボタンを選択し右クリックから「…」ボタンでVBA画面を開きます。 Private Sub コマンド0_Click() …① 【命令】 End Sub …② ①仕事を始めろ コマンド0ボタンがクリックされた時 ②仕事を終了せよ この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録作成にAccessを利用してみる その4

フォームの設定をおこなっていきます。 基本的にVBAはフォーム上で機能します。 実際には色々な所で使用しますが、最初の内はフォームで使うことがほとんどです。 まずVBAには「イベント」という考え方があり「何かが起こった時」と理解したらよいと思います。 「何かが起こる」とは「ボタンがクリックされた」「データが更新された」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録作成にAccessを利用してみる その3

新年あけましておめでとうございます。 大晦日は奥さんの実家近くのスーパー銭湯でゆっくりして元旦には豪華おせち料理と朝酒 贅沢な時間を過ごしました。 最近は元日でもスーパーが開いていて凄い人の数でした。 今日から通常に戻りあわただしい毎日になりそうです。 ~前回からの続きです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more